Home > diary > 芝居にとって一番必要なものはなんだよ

芝居にとって一番必要なものはなんだよ

  • Posted by: saigetsu
  • 2009年10月17日 09:10
  • diary

稽古の毎日なわけですが、当初予定していた「稽古中はなるべく日記を書いていこう」という気持ちが早くも消えてしまいました。なんつーか、ちょっとそんな気分になれなくなったというか、それどころじゃないというか。

現在後数シーンを残すのみで、台本はそろそろ完成に向かってはいるのですが、役者と作家との間で、今日も色々な話し合いが行われていました。
まあ、役者は役者で、これから先2ヶ月近くもつきあっていかなければならない本であり役であるので、そりゃもう必死です。変な話、自分が共感できるものでなければモチベーション低下も必死です。
みんなであーでもないこーでもないと考えながら知恵を出し合って、で、作家が最終的にどんな本にしたかは観てのお楽しみに。うちらはもうそこまで(この作品の根幹に関わる部分)口出しできないので、後は芝居を頑張ります。

自分がお客さんとして芝居を観ている時に、では自分は一番何に面白さを感じるのだろう、ということを最近特に考えます。
この世の中、ものすごくたくさんの芝居が上演されているわけで、その半分ぐらいはすごく面白いけど、残りの半分はいまいちとか面白くないってことも多々あります。
できれば前者でありたいです、当たり前ですけど。
そう思ってもらえるような芝居を作っていきたいと思います。

ここ一月ぐらい加藤しゃちょーに会ってないけど、元気かのー・・・・。


Home > diary > 芝居にとって一番必要なものはなんだよ

Mobile site QR_Code

Search
Feeds

Return to page top