Home > 嵐の前の静けさという言葉があります。

嵐の前の静けさという言葉があります。

  • Posted by: saigetsu
  • 2010年2月15日 22:37
そんなわけで「新セインセイの鞄」の稽古初日です。
いやー緊張しますね。
再演ということで、新規メンバーが少ないせいもあって、なかなか大変です。
おまけに、この座組みで僕は奇跡の最年少!おほほ。ということもあってなおさらです。

演出のマキノさんとはキャラメルでの番外公演「俺たちはなんちゃらかんちゃら」以来ですね。
思えばあの公演、「細見はもうどうしようもないから、マキノさんにどうにかしてもらえ」ってことで、演出家に修行に放り出された公演でもありました(実話)。結果、今こうして再びマキノさんに呼んでもらえたのは、これはもう感謝ですね。このことを後から知った時は、相当へこみましたけどね。

そんなわけでマキノさんの演出ですが、相変わらずすごいです。
何がすごいって、とにかくわかりやすいということ。
演出家が、そのシーンで何を求めいるのかっていうことが、すごく明確なんです。
だもんで、そこに到達できない役者はふんがふんが悶絶するわけです。
でもやりがいがあります。

一か月という稽古期間ではありますが、楽しんでやりたいと思います。

あ、キャラメルボックスも2月18日から大阪初日ですね。
よろしければみなさん、ぜひ劇場へ。

次の日記の更新は、2月18日の夜を予定しております。
んだば。

Home > 嵐の前の静けさという言葉があります。

Mobile site QR_Code

Search
Feeds

Return to page top