Home > 初顔合わせ&本読み

初顔合わせ&本読み

  • Posted by: saigetsu
  • 2010年5月 6日 00:56
というわけで、顔合わせ&本読み終了~
初日はどんな現場でも緊張しますな。
初顔合わせでいきなり本読みというのは、とてもスリリングです。
相手の出方もわからぬまま、そして、演出家の塩梅もわからぬまま、
とにかく読む、読む、読むわけです。
色んな事務所関係の方もいらっしゃいます。
緊張、緊張、緊張する余裕もないぐらいの大量な台詞・・・・
何年ぶりだろう、こんなに喋るのはっていうぐらい、たくさん喋っております。

劇団の頃は、今やってる公演の次も次も決まってたりして、そういう意味では、これが終わっても次があるという、ある意味安心感があったりもしたんですが(良くも悪くも)、今は違います。

この公演の次はないかもしれない
役者として、これが駄目ならもう次はないかもしれない

そんな気持ちです。
いや、そんな追い詰められんでも、と思われるかもしれませんが、
実際そうです。

本当に大切なんです。
もちろん今までだって大切だったけど、
より一公演一公演の重みが違ってきます。

なんか、学生の頃に戻った感じ。
あの頃は、自分がプロでやっていくなんてもちろん決めていなかったし、そう思っていても実際そうなれるなんて確証もなかったから、公演をやるたびに「次はあるのかな~」なんて考えたりして。

でもいい。
すごく今はシンプル。
オール・オア・ナッシング。
芝居の稽古に入れば、とにかくその事だけを考えていられる。
余計な不安とか心配はさておき、その事だけ。

最近常々思います。
恵まれた環境にいたからこそ思うこともある。
恵まれた環境にいたからこそ気付かなかったこともある。

明日からまた、頑張っていきますよ、はい。
メタルギア全然できませんけど、はい。

Home > 初顔合わせ&本読み

Mobile site QR_Code

Search
Feeds

Return to page top